2019/02/25 7:39 PM NEWS

ムゲンエステートの事件について思うこと

居住用物件の転売は賃料貰っても

課税売上対応という内部文書

 
について、任意提出するか、反論するかを裁判所が国に求めたとありますが、
国税はそんなものない、とシラを切ると予測。

なお、文書はTAINSにありますので、誰でも見れます。
「解釈変えましたが何か」くらいに開き直った方が国税にとっても面倒臭くない筈なんですけどね。



不動産業者vs国税局 中古マンション消費税どうする?:朝日新聞デジタル 



ABOUT ME

松嶋洋 税務調査対策専門及び税務訴訟に強い税理士。 16,000部のベストセラー『税務署の裏側』著者。 元税務調査官であり、税制改正セミナー講師を 務めるなど、税法解釈と調査対策を得意とする。 税理士が教えない超簡単な調査対策について、 無料レポート発行中
@yo_mazs

twitter


BOOKS/DVD

メールマガジン登録

都道府県

TWWET

LATEST POST

  • 「概ね」1年以内なので、1年でいいはずがない

    「概ね」1年以内に取り壊せば取得価額に入れない ため、1年おけば除却損で落ちるなんて短絡的な結論になる訳ない。 これって、税理士が提案したのかな? ...
  • 社会保険料と非常勤役員

    税も仕組みは酷い ですが、それをはるかに超える酷さが社会保険。 実質判断もなされるため、最終的には‪ケースバイケースの 判断になりますが、こういう...

CATEGORY