カテゴリーアーカイブ : NEWS

2013/12/17 1:00 PM NEWS

税理士法改正と公認会計士

公認会計士は無試験で税理士になれる

この点、税理士会公認会計士協会が長年にわたり対立している。

税理士会は税と会計は別なので問題だ、といい公認会計士協会は

会計と税は近いもので問題ない、こんな議論を繰り返している。

今回の改正で、両者の折衷案として、

会計士は税理士になれるが、

研修を受けてください

こんな改正がなされる模様。 (さらに…)



2013/12/16 10:41 AM NEWS

税務署対策と税務調査対策

税務署の裏側

という本を書いているからか、私の税務調査対策

税務署対策と同じ、と見ている人が多い。

この点、100%否定することはできないが、

本来は税法にのっとって反論することが得意。

この点、ようやく認められたのか、先日出された

税務弘報に原稿が掲載された。

税務弘報2013.12

(さらに…)



2013/12/13 4:49 PM NEWS

会計検査院が口を出す

相続税の取得費加算の改正が実現

周知のとおり、相続税がかかった相続財産を

3年内に譲渡すると、譲渡財産に対応する相続税を

取得費加算できる。

ただし、土地については、譲渡財産オンリーではなく、

相続財産の土地全部に対応するものを、取得費加算できる。

これを会計検査院がけしからん、として改正がなされる模様。 (さらに…)



2013/12/12 4:43 PM NEWS

税制改正大綱発表!

26年度税制改正大綱発表!!

例年、一番早くfacebook等で告知したいと思うが、

みんな早い。というので、例年中身で勝負するのが

松嶋流。

すでに、3件、セミナー、執筆を依頼されている

税制改正。俺も認められてきたな、と思う。

(さらに…)



2013/12/09 5:17 PM NEWS

地方格差について思うこと

東京都の税収が1千億円減る

こんなニュースが朝日に掲載された。

その心は、消費税増税に伴う財源移譲。

地方格差がクローズアップされたもの。

3割自治、と揶揄される日本でよく批判される地方自治。

(さらに…)



2013/12/06 1:54 PM NEWS

調査件数減の裏側

調査件数が3割減

このニュースから、国民はこう思うはず。

脱税が見逃されるリスクがある

この背景には、税務調査手続きの法制化がある。

手間が増えて、調査ができない。

これが平成25年からの調査の実態、と言われる。 (さらに…)



2013/12/05 3:16 PM NEWS

調査のきっかけは何か意識する

税務調査に来ます、でも理由は言わない

税務当局は常にこのスタンス。最高裁判例も出ているので、文句は言えないが

あからさまな申告処理誤り

であっても理由を言ってくれないので注意したい。

(さらに…)



2013/12/04 5:32 PM NEWS

Xdayは12日?

12日の税制改正大綱に盛り込む

こんなニュースを見た。この時期はいろいろな税制改正

報道がなされるが、信頼できるのは税制改正大綱のみ。

事実、ほぼ確定したと思われた法人税減税が流れる見込み

(さらに…)



2013/12/03 10:25 AM NEWS

ゴルフ会員権、どうなる?

毎年言われていることだが、

ゴルフ会員権の損益通算禁止

という議論がまた上がっているらしい。

しかも14年から?のようで、これでは件の

遡及立法

問題が生じるが、そこを立案者は考えているのか?

(さらに…)



2013/12/02 9:34 PM NEWS

簡易課税の見直し議論について

事業実態に照らし、不整合があるなんて本当だろうか?


 

簡易課税の事業区分によるみなし仕入れ率が、業種によっては

不整合という。

平成26年度の税制改正で、不動産業と金融保険業のみなし仕入れ率が

10%引下げられるらしい。

しかし、消費税法37条1項は、みなし仕入れ率を (さらに…)




ABOUT ME

松嶋洋 税務調査対策専門及び税務訴訟に強い税理士。 16,000部のベストセラー『税務署の裏側』著者。 元税務調査官であり、税制改正セミナー講師を 務めるなど、税法解釈と調査対策を得意とする。 税理士が教えない超簡単な調査対策について、 無料レポート発行中
@yo_mazs

twitter


BOOKS/DVD

メールマガジン登録

都道府県

TWWET

LATEST POST

  • 無議決権株式=配当還元方式になる訳がない

    無議決権株式に転換すれば配当還元方式 何を血迷っているのか、このような質問を最近はよく受けるようになった。原則的評価 方式が適用される株式について、無議決権...
  • 佐川長官の何が問題か

    就任会見もしない国税庁長官 公の場に姿を見せない、佐川長官の問題がクローズアップされて長い。 報道レベルであるが、納税者の風当たりが強く、現場は悲鳴を上...

CATEGORY