カテゴリーアーカイブ : NEWS

2015/08/24 9:30 AM NEWS

所得税基本通達34-1(2)の不思議

最高裁でぼろ負けした後の通達改正

古い話であるが、はずれ馬券を必要経費としない更正処分に対し、
継続的な営利行為であるため一時所得とはならず、
はずれ馬券は必要経費算入される、という事例があった。

これを受け、パブコメを経て改正された通達が
こちら。

所基通34-1(一時所得の例示)
次に掲げるようなものに係る所得は、一時所得に該当する。
(2)競馬の馬券の払戻金、競輪の車券の払戻金等
(営利を目的とする継続的行為から生じたものを除く。)
(注)
1 馬券を自動的に購入するソフトウエアを使用して
独自の条件設定と計算式に基づいてインターネットを介して
長期間にわたり多数回かつ頻繁に個々の馬券の的中に着目しない
網羅的な購入をして当たり馬券の払戻金を得ることにより
多額の利益を恒常的に上げ、一連の馬券の購入が一体の経済活動の
実態を有することが客観的に明らかである場合の競馬の馬券の
払戻金に係る所得は、営利を目的とする継続的行為から生じた
所得として雑所得に該当する。
2 上記(注)1以外の場合の競馬の馬券の払戻金に係る所得は、
一時所得に該当することに留意する。

営利目的の継続行為は一時所得にならない、と
しながら、(注2)では、(注1)以外の払戻金は
一時所得としているため、(注1)のみが営利目的の
継続行為、と国税は解釈しているとしか読めない内容。

特に、(注1)は細かいため、このくらいの
ことをやらないと外れ馬券は経費にならない、と
考えてしまうが、そうでなくとも雑所得になることは
あるはずだ。

そもそも、通達前文に照らすと、このような
内容は問題があると思う。

 (さらに…)



2015/08/17 9:20 AM NEWS

相続時精算課税と事後修正

相続時精算課税の落とし穴

ある税務雑誌の記事を読んでいて、なるほどと
思った相続時精算課税の取扱い。
相続時精算課税適用者が、贈与を受けた場合、
贈与税の申告が必要になるが、それを失念したり
評価の計算が誤っていた場合に、相続税に
どのように跳ね返るか、注意しておく必要がある。
相続時精算課税を適用する場合、相続時精算課税
適用財産に相続税が課税される。この相続時精算課税
適用財産と相続税の課税価格の関係は、以下の通り
規定されている。

相続税法21条の15の1項
特定贈与者から相続又は遺贈により財産を取得した
相続時精算課税適用者については、当該特定贈与者からの
贈与により取得した財産で第二十一条の九第三項の規定の
適用を受けるもの(~当該取得の日の属する年分の贈与税の
課税価格計算の基礎に算入されるものに限る。)の価額を
相続税の課税価格に加算した価額をもつて、相続税の課税価格
とする。
贈与税の課税価格計算の基礎に「算入された金額」ではなく、
「算入される金額」が、相続税の課税価格となることが問題になる。


(さらに…)



2015/08/10 10:16 AM NEWS

28年度改正の見込み

28年度改正の動きが本格化

報道によると、早くも来年度改正に向けての動きが
本格化した模様である。NHKの報道では、
雇用促進税制や環境投資促進税制など、今年度末で
期限が切れる16の租税特別措置の廃止が提言されて
いるようだ。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150803/k10010176001000.html

租税特別措置の見直し以外にも、以下のような項目に
ついて議論がなされる模様。

① 中小への外形標準の拡大
② 減価償却が定額法に一本化
③ 中小法人の形式基準の見直し
④ 公益法人、協同組合の軽減税率の見直し
⑤ 法人成りなど小規模企業等に対する課税の見直し
⑥ 留保金課税の見直し
⑦ 配偶者控除等の抜本改革
⑧ 年金税制の見直し
⑨ 事業用資産に対する事業承継税制
⑩ 遺言控除の創設
⑪ 法人事業税の損金不算入

これらすべてが実現するとは思えないが、
ざっと見る限り、厳しい内容ばかりである。

とりわけ注目したいのが、前回のブログと
絡む小規模企業等に対する課税の見直し(⑤)
である。
(さらに…)



2015/08/04 1:16 PM NEWS

形式的減資で節税できるのは正しいか

吉本興業が1億円に減資

少しショッキングなニュースだが、中小企業に対する
法人税の特例の適用を目的として、吉本興業が資本金を
1億円に減資する模様だ。
減資した金額のほとんどを資本準備金に振替えるという
ことだから、実態はほとんど変わらないものの、法人税法上は
中小法人として扱われる。この点、おかしいと思う人も
多いだろう。
資本金1億円以下というのは、形式的な要件のため
やろうと思えば簡単にクリアできる問題。こんなに
簡単に、中小特例使われると安易な税逃れにつながる話で、
今まで放置してきた怠慢のつけが今後は出てきそうだ。
ところで、放置してきたのは、実質判断で中小法人を
判断する困難性はもちろんのこと、仮に実質判断する
という法律ができてしまうと、法人税法にいう「法人」
概念の見直しも必要になるからである。
(さらに…)



2015/07/27 9:42 AM NEWS

基金の課税関係

一般社団法人と基金拠出

相続税対策で今、一般社団法人が大きなブームになっている。
この骨子は、一般社団法人には出資概念がないため、
法人に財産を移転してしまえば、今後の相続税リスクは
ゼロになるというもの。

とは言え、こんなおいしい話には何らかの裏がありそうで
怖い。法律上は明確ではないが、税制改正を実現させる
ためには国税も手段を選ばず、という事態に出ることは
当然に予測される。

このため、このスキームを適用する場合には、
法律云々ではなく、仮に国税職員であれば
どういう否認をするか、ということを考えるべきである。

法律的には問題ないから、億単位の税金をとれません、
としてあきらめる調査官はほとんどいないわけで、
何とかして税金をとってやると思うはずだ。このため、
仮に否認するサイドであれば、何を考えるかが重要な
問題になる。

ここで、税金を取る側に立ったとき、非常にとりやすい
理屈が一つあったので紹介したい。それは、基金に
対する取扱いである。


(さらに…)



2015/07/21 9:13 AM NEWS

LPSの法人該当性

デラウェア州のLPSは法人に当たる

下級審ではいろいろもめていた法人該当性、
最高裁でこの旨判断がなされたようだ。

10年くらい前、LLCが法人かどうかで
もめたことがあり、うんざりしていたので
こういうトラブルはない、と思いきや
今度は最高裁まで揉めに揉めている。
この問題、実は簡単に結論付けられる
話で、

法人格の有無

だけが問題になると考える。法人税は、
法人格の有無だけを持って法人税課税の
対象としていることに異論はない。となれば、
ここだけチェックすれば簡単な問題と
思うのだが、なぜか揉める。

最高裁に先立つ高等裁判所も、「本件LPSの
法人該当性は、その準拠法である米国デラウェア
州法上、本件LPSに法人格を付与する旨を規定
しているかどうかで判断することとなる」としている
わけで、ここに注目して判断すればいいはずだ。

にもかかわらず、①構成員の個人財産とは区別された
独自財産を有するか,②独立した権利義務の帰属主体と
なり得るか,③訴訟の当事者となり得るかといった点を
満たしているのであれば,我が国における外国法人等
に該当すると判断すべき、などという主張がなされる。

あるときは法人、あるときは組合、的な話があるからこそ
こんなわけの分からないロジックが出てくるのだろうが、
いずれかの局面において法人格あり、という取扱いが
あれば、それは法人となるという結論で差し支えないはずだ。

(さらに…)



2015/07/13 9:53 AM NEWS

タワマンの評価方法が改正?

タワーマンション節税が明文でブロック?

税務雑誌に、タワーマンションの評価方法について、
パブリック・コメントにかけられる模様であるという
ニュースが掲載されている。

今年からスタートした、相続税大増税を受けて、
都心ではタワマン節税の活用が広く宣伝されている。
時価よりも相当程度タワーマンションの相続税
評価が低減するからこうなるのだが、この点
見直しがかけられるということだ。

従来、タワーマンションの節税は事実認定
に基づく否認でやられることが多かった。

例えば、平成23年7月1日裁決では、
国税は

請求人は、相続開始日に死亡した養父である
被相続人から同マンションの取得に係る代金
相当額の贈与を受けたとみなされる

と主張している。このロジックが正しいかは
別途、相続直前に借金して購入し、どかんと
相続税の課税価格を圧縮して、申告後に
売却する。こんな不自然なことをやれば、
当然相続税を不当に減少しているよね、
と結論付けられることは間違いないと
考える。

パブコメにかける、といっているけど、
おそらくは、3年以内に購入したものは、
取得価格で評価しろとかそんな話に
なりそうだ。

負担付贈与通達なんかを参考に。

 (さらに…)



2015/07/06 10:28 AM NEWS

文書化が大きく改正

移転価格税制の文書化

移転価格課税において、文書化(ドキュメンテーションルール)
は非常に重要とされている。日本においても、平成22年度改正で
法制化され、相応の文書化が要請されているところ。

BEPS問題への対応が国際課税の近喫の課題となっているが、
文書化についても、OECDの行動計画13において、
大きく変わることが予定されている。

具体的には、以下のような3種類の書類の国税当局への
報告が要請されることになる模様だ。

① マスターファイル
② ローカルファイル
③ 国別報告書

①と③は親会社が作成、②は親会社と子会社の両方が
作成することとなっており、③は親会社が作成した
情報を、自動的情報交換により子会社等の所在地国
の当局に流す、という方向性が示されている。

(さらに…)



2015/06/29 9:40 AM NEWS

判決等の意義

期間制限に係る判決等の意義

地方税の話であるが、先日、最高裁で個人住民税に係る
賦課決定処分の除斥期間が問題となった事例があった。

本件で問題になったのは、下記の条文(平成23年度
改正前)。

地方税法第17条の5(更正、決定等の期間制限)1項
更正、決定又は賦課決定は、法定納期限~の翌日から起算
して3年を経過した日以後においては、することができない。
加算金の決定をすることができる期間についても、また同様とする。

地方税法第17条の6(更正、決定等の期間制限の特例)
道府県民税若しくは市町村民税の所得割~に係る更正、決定又は
賦課決定で次の各号に掲げる場合においてするものは、当該各号に
掲げる日の翌日から起算して2年を経過する日が、前条~の規定に
より更正、決定又は賦課決定をすることができる期間の満了する日
後に到来するときは、前条~にかかわらず、当該各号に掲げる日の
翌日から起算して2年間においても、することができる。
三 所得税~に係る不服申立て又は訴えについての決定、裁決又は判決
~があつた場合~ 当該裁決等があつた日

報道によると、所得税の更正⇒審査請求(一部取消し)⇒
裁判(棄却)と行った納税者に対し、その裁判の棄却決定を
受けた日の翌日から起算すると賦課決定が可能になるが、
審査請求の裁決ベースで考えると、2年超になり除斥期間に
かかる、という結論になるようだ。

この規定の趣旨は、調べるまでもなく、裁判等で所得金額が
動いた場合、地方税も変動させるべきだから特例を認めた、
と解される。

事実最高裁も、以下のとおり判断している模様。

(さらに…)



2015/06/23 12:27 PM NEWS

租税回避防止の常識と現実

武富士事件の補正意見

において、武富士の租税回避策を「著しい不公平感
を免れない」と批判しつつ「厳格な法解釈が求められる
以上、課税はできない」と判断した元判事の
コメントが記載されている。

「法律なければ課税なし」 須藤・元最高裁判事に聞く

① 法治国家である以上、けしからん課税は不可
② 法逃れを防止するため、民間の知恵を活用する

という、至極まともな意見が掲載されている。

この元判事に限らず、多くの学者が同様の意見を
持っているのに、それが実現できないという
国家には、失望感しか残らない。

法律を作る力がない主税局、権力争いに
終始する政治家、誤った租税正義を正しいと
考えてしまう国税組織と、常識が常識で
なくなる税の世界をどう考えればいいの
だろうか。

確たる答えは難しいが、一つ言えることは、

国が思うほど、民間企業は税逃れを
考えているわけではない

ということだ。

(さらに…)




ABOUT ME

松嶋洋 税務調査対策専門及び税務訴訟に強い税理士。 16,000部のベストセラー『税務署の裏側』著者。 元税務調査官であり、税制改正セミナー講師を 務めるなど、税法解釈と調査対策を得意とする。 税理士が教えない超簡単な調査対策について、 無料レポート発行中
@yo_mazs

twitter


BOOKS/DVD

メールマガジン登録

都道府県

TWWET

LATEST POST

  • 無議決権株式=配当還元方式になる訳がない

    無議決権株式に転換すれば配当還元方式 何を血迷っているのか、このような質問を最近はよく受けるようになった。原則的評価 方式が適用される株式について、無議決権...
  • 佐川長官の何が問題か

    就任会見もしない国税庁長官 公の場に姿を見せない、佐川長官の問題がクローズアップされて長い。 報道レベルであるが、納税者の風当たりが強く、現場は悲鳴を上...

CATEGORY